コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日雀 ヒガラ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐がら【日×雀】

シジュウカラ科の鳥。全長11センチくらい。背は青灰色で、頭頂・のどが黒く、顔が白色。頭に冠羽がある。ユーラシアに分布。日本では留鳥として山地の森林にすむ。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがら【日雀】

スズメ目シジュウカラ科の小鳥。シジュウカラに似るが、ずっと小形で、全長約10センチメートル。頭は黒色、頰に白斑があり、背は青灰色、腹は白色。翼に二本の白帯がある。全国の山地の針葉樹林などに周年生息する。高い澄んだ声でせわしくさえずる。 [季] 秋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

日雀 (ヒガラ)

学名:Parus ater
動物。シジュウカラ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

日雀の関連キーワード針葉樹林七十二候小鳥黒色白斑周年白帯

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android