コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武江年表 ぶこうねんぴょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武江年表
ぶこうねんぴょう

江戸府内外に起った事柄を編年体に記したもの。 12巻。斎藤月岑 (幸成) 著。正編8巻は嘉永1 (1848) 年,続編4巻は 1878年に成立。正編は天正 18 (1590) 年徳川家康の関東入国から嘉永1年まで,続編は同2年から 1873年までで,江戸の地理の沿革,風俗の変遷,巷談,異聞などを記録している。 (→江戸名所図会 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

武江年表【ぶこうねんぴょう】

斎藤月岑(げっしん)編。正・続12巻。正編は1848年,続編は1878年に成立。1590年徳川家康の関東入国から1873年までの江戸府内外の出来事を編年に記録。江戸の地理的沿革・風俗等を克明に記載。喜多村信節に《武江年表補正》がある。→江戸名所図会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶこうねんぴょう【武江年表】

江戸300年にわたる精細な年表。斎藤月岑(げつしん)著。正編8巻8冊,続編4巻4冊。正編は1849年(嘉永2),50年に江戸須原屋伊八ら刊。続編は未刊のまま残った。正編は1590年(天正18)より1848年まで,続編は1849年より73年までを収める。内容は地理の沿革,風俗,事物起源などで,近世江戸における世態風俗の変遷を知るうえに便利な文献。近世末は,自身の日記をも材料としたが,体裁は《大江戸春秋》にならっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

武江年表
ぶこうねんぴょう

江戸とその近郊に起こった事柄を年表風に述べたもの。12巻。武江は武蔵(むさし)国江戸の意。編者は、神田雉子(きじ)町名主の斎藤幸成(ゆきなり)(月岑(げっしん))。1848年(嘉永1)に正編8巻、1878年(明治11)に続編4巻が成立。正編の記事は、徳川家康入国の1590年(天正18)から1848年(嘉永1)まで、続編はその翌年から1873年(明治6)までである。その内容は、火事と諸国の名刹(めいさつ)からの本尊(ほんぞん)仏像の出開帳(でがいちょう)の記事がおびただしく、また、種々の江戸の事物起源について、俗説の誤りを訂正した記述も多い。完璧(かんぺき)とはいえないが、史料として有益である。「江戸叢書」「東洋文庫」に所収。[水江漣子]
『金子光晴校訂『武江年表』2冊(平凡社・東洋文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

武江年表の関連キーワードおもちゃ絵喜多村節信会席料理写し絵スイカ竹婦人菊人形射的

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android