コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田出雲 かまた いずも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田出雲 かまた-いずも

1816-1859* 幕末の武士。
文化13年4月15日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。藩主島津斉彬(なりあきら)によって大目付にとりたてられ,のち若年寄にすすむ。斉彬の密命を西郷隆盛,大久保利通らにつたえ,尊攘(そんじょう)派を支援。斉彬の死で藩の状況が一変したなか,安政5年12月8日病死。43歳。名は正純。通称ははじめ刑部,図書。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

鎌田出雲 (かまたいずも)

生年月日:1816年4月15日
江戸時代末期の勤王家
1858年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

鎌田出雲の関連キーワード志布志城跡鎌田 正夫生年月日鎌田正夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android