コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田正清妻 かまた まさきよの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鎌田正清妻 かまた-まさきよの-つま

1133-1160 平安時代後期の女性。
長承2年生まれ。長田忠致(おさだ-ただむね)の娘。平治(へいじ)の乱に敗れた源義朝,鎌田正清らは関東にのがれる途中,尾張(おわり)(愛知県)野間で身をよせた忠致に謀殺された。父の手により殺された夫の死をかなしみ,その刀をとって平治2年1月3日自害した。28歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鎌田正清妻の関連キーワード永暦法然藤原信頼藤原信頼藤原公教藤原伊通藤原信頼源光保アブサロン佐藤一斎

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android