鎌祝(い)(読み)カマイワイ

デジタル大辞泉の解説

かま‐いわい〔‐いはひ〕【鎌祝(い)】

稲刈りを終えた後、清めた床の間などに飾って赤飯や餅を供え、手伝いの人々を招いてもてなす行事。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かま‐いわい ‥いはひ【鎌祝】

〘名〙 稲刈りを終えて二、三日後に、鎌をきれいに洗って神棚や床の間に飾り、赤飯やなどを供え、手伝いの人々を招いて饗応する行事。鎌納め。鎌あげ。《・秋》
※諸国風俗問状答(19C前)備後国福山領風俗問状答「晩田まで刈終り、鎌祝とて、小魚にても求候所も御座候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android