コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏑木梅渓 かぶらぎ ばいけい

1件 の用語解説(鏑木梅渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鏑木梅渓 かぶらぎ-ばいけい

1750-1803 江戸時代中期-後期の画家。
寛延3年生まれ。長崎派の荒木元融(げんゆう)にまなぶ。江戸にでて清(しん)(中国)の画家沈南蘋(しん-なんぴん)風の花鳥・人物画をえがいた。享和3年閏(うるう)1月3日死去。54歳。肥前長崎出身。本姓は田中。名は世胤。字(あざな)は君冑(くんちゅう)。通称は弥十郎。作品に「柳下唐美人図」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鏑木梅渓の関連キーワードザンド朝トーマス教会ウェールズ文学ヒッタイト美術坂東三津五郎(2代)植松自謙若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone