コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏑木梅渓 かぶらぎ ばいけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鏑木梅渓 かぶらぎ-ばいけい

1750-1803 江戸時代中期-後期の画家。
寛延3年生まれ。長崎派の荒木元融(げんゆう)にまなぶ。江戸にでて清(しん)(中国)の画家沈南蘋(しん-なんぴん)風の花鳥・人物画をえがいた。享和3年閏(うるう)1月3日死去。54歳。肥前長崎出身。本姓は田中。名は世胤。字(あざな)は君冑(くんちゅう)。通称は弥十郎。作品に「柳下唐美人図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鏑木梅渓の関連キーワード鏑木雲潭

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android