美醜(読み)びしゅう

精選版 日本国語大辞典「美醜」の解説

び‐しゅう ‥シウ【美醜】

〘名〙
① 物や事柄のうつくしいことと、みにくいこと。また、すぐれていることと、劣っていること。
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「善悪美の弁別(わきまへ)些少(ちと)もなしとはいひ難かり」
容姿のうつくしいことと、みにくいこと。また、美人と不美人。
随筆松屋筆記(1818‐45頃)六七「好男形貌(かたち)の美醜にはよらず好聞の男子をいへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「美醜」の解説

び‐しゅう〔‐シウ〕【美醜】

うつくしいことと、みにくいこと。「外観美醜は問わない」「善悪美醜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android