コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長基線ニュートリノ振動実験 ちょうきせんにゅーとりのしんどうじっけんlong baseline neutrino oscillation experiment

1件 の用語解説(長基線ニュートリノ振動実験の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

長基線ニュートリノ振動実験

加速器でつくる「人工」のニュートリノを長距離飛ばし、質量がある証拠となる「振動」の有無などを確かめる実験。大気ニュートリノ太陽ニュートリノの観測結果の厳密な検証をめざす。茨城県の高エネルギー加速器研究機構から岐阜県のスーパーカミオカンデまで、地中を約250km通す実験は1999年に始まり、2004年、99.99%以上の確率で振動があるとの報告があった。05年、米国でも、約750kmの距離で同様の地中実験が始まった。欧州にも計画がある。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone