コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長基線ニュートリノ振動実験 ちょうきせんにゅーとりのしんどうじっけんlong baseline neutrino oscillation experiment

知恵蔵の解説

長基線ニュートリノ振動実験

加速器でつくる「人工」のニュートリノを長距離飛ばし、質量がある証拠となる「振動」の有無などを確かめる実験。大気ニュートリノ太陽ニュートリノの観測結果の厳密な検証をめざす。茨城県高エネルギー加速器研究機構から岐阜県スーパーカミオカンデまで、地中を約250km通す実験は1999年に始まり、2004年、99.99%以上の確率で振動があるとの報告があった。05年、米国でも、約750kmの距離で同様の地中実験が始まった。欧州にも計画がある。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

長基線ニュートリノ振動実験の関連キーワードT2K実験K2K実験

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android