コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長大作 ちょうだいさく

2件 の用語解説(長大作の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

長大作

家具デザイナー。1921年、中国東北部(旧満州国)生まれ。45年、東京美術学校(現・東京芸術大学)建築科卒業。47年、日本のモダニズム建築をリードした坂倉準三建築研究所に入社。60年に発表した「低座イス」は高さ29センチメートル日本人生活様式に調和、グッドデザイン賞を受賞し代表作となる。同年に開催された第12回ミラノトリエンナーレには「パーシモンチェア」など出品し、日本館の金賞受賞に大きく貢献した。71年、長大作・水之江忠臣松村勝男の3名による「ファニチャーコレクション展」を開催し、これにより第17回毎日産業デザイン準賞を受賞した。72年、長大作建築設計室を開設し、住宅設計と家具デザインを手掛ける。94年、国井喜太郎産業工芸賞を受賞。和洋の文化を融合させた家具のデザインを数多く手がけ、日本のデザイン界を牽引した重鎮の一人とされる。2014年5月1日、老衰のため死去した。享年92。

(2014-5-14)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長大作 ちょう-たいさく

1921- 昭和後期-平成時代の建築家,インテリアデザイナー。
大正10年9月16日中国東北部生まれ。昭和22年坂倉準三建築研究所にはいり,住宅と家具の設計,監理を担当。47年長大作建築設計室をひらく。日本的建築工法の技術者と協同して家具や建築の設計にあたり,国際文化会館インテリアなどを手がける。35年ミラノ-トリエンナーレ展金賞。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長大作の関連キーワードインダストリアルデザイナーグラフィックデザイナーゲームデザイナーテキスタイルデザイナーアートデザイナーインディーズデザイナー工業デザイナーデザイナーズブランドプロダクトデザイナーデザイナーズ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長大作の関連情報