コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長屋王願経 ながやおうがんきょう

1件 の用語解説(長屋王願経の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ながやおうがんきょう【長屋王願経】

長屋王が文武天皇(683‐707)の崩御を悼んで712年(和銅5)発願書写させた大般若経と,728年(神亀5)父母の冥福を祈って書写させた大般若経の2種があり,前者を〈和銅経〉,後者を〈神亀経〉とも呼ぶ。ともに界線をひかず,また神亀経は長麻紙を用いる点,写経組織(写経所)がうかがわれる点でも貴重である。和銅経は二百二十数巻(滋賀県常明寺ほか)が,神亀経は3巻(根津美術館ほか)が伝えられている。【栗原 治夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

長屋王願経の関連キーワード文武天皇文武天皇文武天皇サンダーバード元明天皇元明天皇韋后軽皇子高宗マルワーン家

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長屋王願経の関連情報