コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長屋王願経 ながやおうがんきょう

1件 の用語解説(長屋王願経の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ながやおうがんきょう【長屋王願経】

長屋王が文武天皇(683‐707)の崩御を悼んで712年(和銅5)発願書写させた大般若経と,728年(神亀5)父母の冥福を祈って書写させた大般若経の2種があり,前者を〈和銅経〉,後者を〈神亀経〉とも呼ぶ。ともに界線をひかず,また神亀経は長麻紙を用いる点,写経組織(写経所)がうかがわれる点でも貴重である。和銅経は二百二十数巻(滋賀県常明寺ほか)が,神亀経は3巻(根津美術館ほか)が伝えられている。【栗原 治夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長屋王願経の関連キーワード続日本紀文武天皇裏長屋神武天皇祭崩御阿倍御主人石川石足出雲安麻呂鉤取王境部王

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長屋王願経の関連情報