コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎大玉

デジタル大辞泉プラスの解説

長崎大玉

長崎県長崎市で生産されるワケギ。葉幅は12mm程度。来歴不詳だが、日本には1500年以上前に渡来したと考えられている。晩生

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

長崎大玉[葉茎菜類]
ながさきおおだま

九州・沖縄地方、長崎県地域ブランド
主に長崎市などで生産されている。わけぎの一種。来歴の詳細は不明。葉は濃い緑色、球根は薄い黄色をしている。長崎には晩生の大玉以外にも、中生の中玉・早生の小玉がある。長崎小玉が葉幅が8mm程度と細いのに対し、長崎大玉は葉幅が12mm程度と大ぶりである。ぬた薬味に利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

長崎大玉の関連キーワード長崎県長崎市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android