コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎氏 ながさきうじ

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきうじ【長崎氏】

鎌倉時代の北条氏嫡流(得宗)の有力被官家。桓武平氏。北条泰時の被官関実忠の弟平盛綱が長崎を称したのにはじまる。盛綱は1234年(文暦1)尾藤景綱のあとをうけて北条泰時の家令となり,経時・時頼にも仕えた。その子頼綱は続く時宗・貞時の家令としてその権勢を極め,85年(弘安8)には幕府御家人の最有力者安達泰盛を謀殺(弘安合戦)。しかしその専権は長くは続かず,93年(永仁1)貞時の攻撃をうけて一党は没落(平禅門の乱),かわって頼綱の弟(一説には甥)長崎光綱の子孫が台頭した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

長崎氏の関連キーワード所司(日本史)二階堂貞藤飯沼助宗北条宗方北条高時長崎高綱長崎高重生ノ松原長崎高資御内人中島川平頼綱侍所所司

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長崎氏の関連情報