コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長崎犯科帳 ながさきはんかちょう

百科事典マイペディアの解説

長崎犯科帳【ながさきはんかちょう】

江戸時代の長崎奉行所の判決記録。1666年−1867年分の145冊が現存する。長崎奉行は直轄地の長崎および周辺の長崎代官管地の事件のほか,西国宗門・抜荷関係について大坂町奉行と分掌していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながさきはんかちょう【長崎犯科帳】

江戸時代の長崎奉行所の判決記録。長崎奉行は直轄地長崎および周辺の長崎代官管地の事件一般のほか,西国の宗門・抜荷関係については大坂町奉行と分掌した。遠島以下は奉行限りであるが,死刑や判例の乏しい事件は幕府へ〈御仕置伺〉のうえで判決を下した。現存の〈犯科帳〉は,1666‐1867年(寛文6‐慶応3)分の145冊で,森永種夫編《犯科帳》11冊として刊行されている。【中村 質】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

長崎犯科帳の関連キーワード萬屋 錦之介江戸時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android