コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大坂町奉行 おおさかまちぶぎょう

6件 の用語解説(大坂町奉行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大坂町奉行
おおさかまちぶぎょう

江戸幕府の職名。大坂の市政,裁判,警察を司り,のち,租税徴収も行なった。京橋口内外に奉行所があって東西に分れ,定員2名が月ごとに交代して勤務した。 1000石以上 3000石以下の旗本から選ばれ,元和5 (1619) 年久貝正俊島田直時が初代である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおさか‐まちぶぎょう〔おほさかまちブギヤウ〕【大坂町奉行】

江戸幕府の職名。大坂に在勤し、大坂の市政と、摂津播磨(はりま)河内(かわち)和泉4か国の幕府直轄地の訴訟を担当した。東西各一人の奉行が1か月交替で執務。→町奉行

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大坂町奉行【おおさかまちぶぎょう】

江戸幕府の遠国(おんごく)奉行の一つ。1619年任命された大坂郡代に始まる。江戸中期以降は老中の下で大坂3郷と摂津国・河内国を支配(一時は堺町奉行を合併し和泉国を支配),定員2名。
→関連項目大阪市史長崎犯科帳妙知焼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおさかまちぶぎょう【大坂町奉行】

江戸幕府の遠国奉行の一つ。1619年(元和5)8月22日,久貝正俊,島田直時が高3000石,与力各25騎をもって大坂郡代に任命され,大坂三郷および摂津,河内を支配したことに始まる(《梅津政景日記》。なお水野守信の初代就任説もあるが誤り)。近世中期以後は老中支配で定員2名(1696‐1702年(元禄9‐15)は堺町奉行を吸収合併して定員3名となり和泉を支配したこともある),与力各30騎,同心各50名,役高1500石,役料現米600石が普通であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおさかまちぶぎょう【大坂町奉行】

江戸幕府の職名。老中の支配下で東西に分かれ、月番で、一般民政のほか、警察・消防・廻米などのことをつかさどった。江戸中期以後は、摂津・河内・和泉・播磨の四か国の天領の租税徴収、訴訟裁決などにもあたった。旗本より選ばれた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大坂町奉行
おおさかまちぶぎょう

大坂に置かれた江戸幕府遠国(おんごく)奉行の一つ。老中の支配下にあって、原則として知行高(ちぎょうだか)1000石以上3000石以下の旗本のなかから選任された。任期は定まらず、下僚として与力(よりき)30騎、同心50人がいた。1619年(元和5)久貝正俊(くがいまさとし)、嶋田直時(しまだなおとき)が補されたのに始まるが、久貝、嶋田と水野守信(もりのぶ)の3人補任(ぶにん)とする説もある。定員は東西2名であるが、一時的に元禄(げんろく)年間(1688~1704)に1名増して、堺(さかい)奉行を兼任させたり、幕末に町奉行並(なみ)を増置するなどの変更があった。奉行所は京橋口門外に並設されたが、1724年(享保9)の大火後、西町奉行所のみ本町橋東詰に移った。職務は大坂三郷(さんごう)、兵庫・西宮(にしのみや)(1769年以降)の一般民政のほか、廻米(かいまい)、消防、警察、糸割符(いとわっぷ)、株仲間、河川、寺社、出版などをも管掌した。その管轄範囲も広く摂津、河内(かわち)に及び、1722年(享保7)以降は、摂・河・泉・播4か国の水論(すいろん)・山論などの民事裁判にもあたった。[藪田 貫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大坂町奉行の言及

【河内国】より

…河内の残り全域は小堀政一(遠州),北見五郎左衛門などの幕府国奉行が管轄した。19年松平忠明が大和郡山に転封となり,大坂に国奉行でもある大坂町奉行が置かれて摂津・河内両国はその管轄となり,以後この体制は明治維新まで変わらなかった。 延宝年間(1673‐81)の河内の幕府領(代官支配地域)は約9万2000石(34.4%),私領(大名・旗本領)は約17万4500石(65.2%),寺社領は約1000石(0.4%)で,豊臣氏時代に比べ直轄領はほぼ半分に減り,私領が多くなっている。…

【出入筋】より

…江戸時代には,当事者の人別(にんべつ)地を支配する領主がそれぞれ裁判権を有したが,他領・他支配に関連する訴訟,すなわち〈支配違(しはいちがい)え懸る出入〉や,武家を相手取る場合などは,原則として幕府評定所の管轄となる。ただし,債権法,取引法と密接にかかわる金公事(金銀出入)については大坂町奉行所に広範な裁判管轄権が与えられており,江戸とは異なる債権保護的性格の強い法制を発達させたことが注目される。出入筋はまた〈目安懸(めやすがかり)〉ともいい,私人ないしそれに準ずる団体が訴状(目安)を裁判所に提出することによって開始されるもので,法廷(白洲(しらす))で原告(訴訟人,願人),被告(相手方)を対決させて判決を与える手続である。…

【長崎犯科帳】より

…江戸時代の長崎奉行所の判決記録。長崎奉行は直轄地長崎および周辺の長崎代官管地の事件一般のほか,西国の宗門・抜荷関係については大坂町奉行と分掌した。遠島以下は奉行限りであるが,死刑や判例の乏しい事件は幕府へ〈御仕置伺〉のうえで判決を下した。…

【妙知焼】より

…焼死者数はあるいは7000余人といい,または2060余人,1182人,293人など史料によって異なった数が記録されている。鎮火の後,東西の大坂町奉行は,両町奉行所を一時東本願寺難波別院に移し,次いで西町奉行所を本町橋東詰の塩噌屋敷焼跡に新築移転。市中の取締りを厳にするとともに,城米1万石を1石当り銀40目で罹災窮民に払い下げたほか,橋梁の架設,家屋の新築など市街の復旧,窮民救済に努めた。…

※「大坂町奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大坂町奉行の関連キーワード蝦夷奉行遠国奉行外国奉行長崎奉行日光奉行箱館奉行兵庫奉行北町奉行武具奉行役金

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大坂町奉行の関連情報