コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犯科帳(読み)はんかちょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犯科帳
はんかちょう

江戸時代の長崎奉行所の判決記録。原本寛文6 (1666) ~慶応3 (1867) 年の 145冊。現在は県立長崎図書館所蔵。江戸時代刑事裁判の研究に不可欠の貴重な史料で,1958年に『長崎犯科帳』 (10巻) として刊行。ほかに『犯科帳目録』が出版されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はんかちょう〔ハンクワチヤウ〕【犯科帳】

江戸時代の長崎奉行所の判決記録。145冊。寛文6年(1666)から慶応3年(1867)の200年間にわたる記録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんかちょう【犯科帳】

1666年~1867年の200年間にわたる長崎奉行所の刑事判決記録。一四五冊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犯科帳
はんかちょう

1666年(寛文6)から1867年(慶応3)に至る200年間の長崎奉行(ぶぎょう)所の刑事判決記録。原本145冊。現在、県立長崎図書館所蔵。江戸時代の刑法史料としても重要であるが、当時、唯一の貿易港であった長崎における密輸など貿易関係の犯罪やキリシタン、漂流などの記録もあり、市井の風俗を知るのにも絶好の史料である。[石井良助]
『森永種夫編『犯科帳』全11巻(1958~61・同書刊行会) ▽森永種夫著『犯科帳――長崎奉行の記録』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の犯科帳の言及

【長崎犯科帳】より

…遠島以下は奉行限りであるが,死刑や判例の乏しい事件は幕府へ〈御仕置伺〉のうえで判決を下した。現存の〈犯科帳〉は,1666‐1867年(寛文6‐慶応3)分の145冊で,森永種夫編《犯科帳》11冊として刊行されている。【中村 質】。…

※「犯科帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犯科帳の関連情報