コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長期分析・短期分析 ちょうきぶんせき・たんきぶんせきlong run analysis and short run analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長期分析・短期分析
ちょうきぶんせき・たんきぶんせき
long run analysis and short run analysis

ミクロ経済分析において,その対象が長期的な現象である場合を長期分析,短期的な現象である場合を短期分析という。ミクロ分析では通常 A.マーシャルに従って,生産設備が一定の条件のもとで需要の変化に応じて変動する生産量や費用に関する分析を短期分析,生産設備が変動する (したがって投資が行われる) という仮定のもとでの需要に対する企業行動の分析を長期分析という。なおマクロ分析では,経済の資本蓄積量に変化がない場合の産出量や雇用水準の分析を短期分析といい,資本蓄積量が変化し,人口や技術といった経済の基礎的な要素も変化している経済分析を長期分析ということもあるが,長期,短期の区別は価格分析で用いる場合がほとんどである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone