コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長江気団 ちょうこうきだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長江気団
ちょうこうきだん

春や秋に中国大陸やチベット高原などの亜熱帯乾燥地帯に発生する熱帯大陸性気団(→大陸性気団)。温暖で乾燥しており晴天をもたらすが,夜間の放射冷却が顕著で,気温の日変化の振幅が大きい。日本へは移動性高気圧となって移動してくるが,春に晩霜被害などを発生させることもある。以前は,揚子江気団と呼ばれていたが,2007年に気象庁の予報用語が改正され長江気団に名称変更された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

長江気団の関連キーワード梅雨前線熱帯気団

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android