コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沢美津 ながさわ みつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沢美津 ながさわ-みつ

1905-2005 昭和-平成時代の歌人。
明治38年11月14日生まれ。日本女子大在学中に古泉千樫(ちかし)に師事し,「青垣」同人。昭和4年第1歌集「氾青(はんじょう)」を刊行。24年女人短歌会結成に参加し,のち「女人短歌」編集代表人をつとめる。54年「女人和歌大系」の刊行により現代短歌大賞。平成4年歌会始の召人(めしうど)。平成17年4月26日死去。99歳。石川県出身。歌集に「雪」「部類長沢美津家集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長沢美津の関連キーワードラムサール条約日露戦争史(年表)日本のラムサール条約登録湿地ロシア革命ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)小泉純一郎内閣APEC[各個指定]工芸技術部門リー イーユン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android