召人(読み)メシウド

デジタル大辞泉の解説

めし‐うど【召人】

めしゅうど

めしゅうど〔めしうど〕【人】

《「めしびと」の音変化。古くは「めしゅうと」》
宮中で行われる歌会始めの際、題にちなんだ和歌を詠むように特に選ばれた
和歌所寄人(よりゅうど)のこと。
舞楽などをするため召された人。
「うちの御神楽の―は」〈宇津保・嵯峨院〉
そばで召し使う女性。
「御―だちて仕うまつり馴れたる木工(もく)の君」〈真木柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の召人の言及

【寄人】より

…(1)平安時代以来,朝廷の官衙である記録所・御書所・和歌所,院文殿(いんのふどの),後院や,鎌倉幕府の公文所・政所・問注所,室町幕府の政所・問注所・侍所などにおかれた職員のこと。和歌所寄人は和歌の選定をつかさどり,召人(めしうど)と呼ばれたが,それ以外の寄人は事務能力に熟達したものが選ばれ,庶務,執事などを担当した。幕府関係の寄人は,問注所寄人が問注所公人(くにん)とも呼ばれたように,公人とも呼ばれた。…

※「召人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

召人の関連情報