コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召人 メシウド

デジタル大辞泉の解説

めし‐うど【召人】

めしゅうど

めしゅうど〔めしうど〕【人】

《「めしびと」の音変化。古くは「めしゅうと」》
宮中で行われる歌会始めの際、題にちなんだ和歌を詠むように特に選ばれた
和歌所寄人(よりゅうど)のこと。
舞楽などをするため召された人。
「うちの御神楽の―は」〈宇津保・嵯峨院〉
そばで召し使う女性。
「御―だちて仕うまつり馴れたる木工(もく)の君」〈真木柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の召人の言及

【寄人】より

…(1)平安時代以来,朝廷の官衙である記録所・御書所・和歌所,院文殿(いんのふどの),後院や,鎌倉幕府の公文所・政所・問注所,室町幕府の政所・問注所・侍所などにおかれた職員のこと。和歌所寄人は和歌の選定をつかさどり,召人(めしうど)と呼ばれたが,それ以外の寄人は事務能力に熟達したものが選ばれ,庶務,執事などを担当した。幕府関係の寄人は,問注所寄人が問注所公人(くにん)とも呼ばれたように,公人とも呼ばれた。…

※「召人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

召人の関連キーワード井出 一太郎二条河原落書伊馬 春部桑田 忠親宇田 道隆坂口謹一郎吉田 正俊中川 一政権の北の方飯島 宗一奥田 元宋宮本 竹逕安東 聖空高崎 正秀村野 次郎清水 比庵犬養 孝高田保馬宇田道隆五島 茂

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

召人の関連情報