コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長沢赤城 ながさわ せきじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長沢赤城 ながさわ-せきじょう

1820-1868 幕末の武士。
文政3年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士。河井継之助(つぐのすけ)が家老になると,馬屋番役から藩校崇徳館教授にとりたてられた。はやくから勤王をとなえたが採用されず,戊辰(ぼしん)戦争で新政府軍とたたかい,明治元年9月8日戦死した。49歳。名は茂昭。字(あざな)は伯明。通称は金太郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

長沢赤城の関連キーワード戊辰戦争アンペール上杉斉憲藩学一覧早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ阮福映ジョージ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android