長田 幹彦(読み)ナガタ ミキヒコ

20世紀日本人名事典の解説

長田 幹彦
ナガタ ミキヒコ

明治〜昭和期の小説家



生年
明治20(1887)年3月1日

没年
昭和39(1964)年5月6日

出生地
東京市麴町区飯田町

学歴〔年〕
早大英文科〔明治45年〕卒

経歴
早大在学中に新詩社社友となり、小説「冷灰」などを発表。明治41年「スバル」に参加し、44年「」を、45年「零落」を発表して作家となり、大正5年「澪」を刊行。祇園や舞妓など、いわゆる情話文学として「祇園」「鴨川情話」などを刊行。後に通俗小説に転じ「祇園宵待草」などを刊行し、11年「幹彦全集」全6巻を刊行。以後も「不知火」「女優部屋」「小説明治天皇」などを発表。また14年創設された東京中央放送局の文芸顧問となってラジオドラマを書き、昭和4年には日本ビクター蓄音機の顧問となって「祇園小唱」など歌謡曲作詩もし、27年には超心理現象研究会を創設した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

長田 幹彦 (ながた みきひこ)

生年月日:1887年3月1日
明治時代-昭和時代の小説家
1964年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長田 幹彦の関連情報