コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長目の浜 ナガメノハマ

デジタル大辞泉の解説

ながめ‐の‐はま【長目の浜】

鹿児島県、甑(こしき)島列島の上甑島北部にある砂州。長さ約4キロメートル、幅50メートルの砂礫(されき)が波によって水面上に現れた地形で、なまこ池(海水)の北端から貝池汽水)を間にはさみ、東端のかざき池(淡水)の三つの池を海岸が隔てている。この三つの池はそれぞれ性質の異なった生態系を示し、特に貝池には世界でも数か所にしか見られない原始的なバクテリアが生息し、学術的に貴重な場所となっている。島内を代表する景勝地で、19代薩摩(さつま)藩主島津久光があまりの美しさに「眺めの浜」と呼んだことから名付けられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

長目の浜の関連キーワード鹿児島県薩摩川内市上甑町瀬上鹿児島県薩摩川内市里町里鹿児島県薩摩川内市甑島県立自然公園鹿児島県さつまこしき

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android