コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汽水 キスイ

デジタル大辞泉の解説

き‐すい【汽水】

淡水と海水がまじり合った塩分の少ない水。深く入り込んだ湾や河口部の海水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

汽水【きすい】

海水と淡水の混合による低塩分の水。中小河川では河口沖2〜3km,大河沖では数百kmまで汽水となり,内湾では汽水域が発達しやすい。塩分の変化の著しい環境なので,その変化に従って,浸透圧の変化に耐えられる種類の生物がすみ,特有のプランクトンが繁殖。
→関連項目シラウオニゴイボラワカサギ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きすい【汽水】

海水と淡水とが混じり合っている塩分濃度の低い水。汽水湖・河口などの水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汽水
きすい
brackish water

海水と淡水とが混入している所の塩分の低い水。汽水湖、内湾、河口部などでみられる。塩分での定義は研究者によって異なるが、おおむね下限が0.2~0.5psu、上限が16.5~20psuである。psuはpractical salinity unit(実用塩分単位)の略で、塩分の単位である。河川水質の汚濁などが汽水域の漁業に大きな影響を与えている。[半澤正男・高野健三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

汽水の関連キーワード茨城県東茨城郡茨城町下石崎ゼリーフィッシュレーク宍道湖自然館ゴビウスアキタニアン階田熊式ボイラーコンセイソン湖トゥナイチャ湖キノボリウオマカラカル島マラカイボ湖浮鮴・浮吾里イシュケル湖ウィスラ湖炎色藻植物小川原湖汽水成層チリカ湖ウキゴリ根足虫類テガノ湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汽水の関連情報