コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汽水 キスイ

4件 の用語解説(汽水の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐すい【汽水】

淡水と海水がまじり合った塩分の少ない水。深く入り込んだ湾や河口部の海水。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

汽水【きすい】

海水と淡水の混合による低塩分の水。中小河川では河口沖2〜3km,大河沖では数百kmまで汽水となり,内湾では汽水域が発達しやすい。塩分の変化の著しい環境なので,その変化に従って,浸透圧の変化に耐えられる種類の生物がすみ,特有のプランクトンが繁殖。
→関連項目シラウオニゴイボラワカサギ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

きすい【汽水】

海水と淡水とが混じり合っている塩分濃度の低い水。汽水湖・河口などの水。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汽水
きすい
brackish water

海水と淡水とが混入している所の塩分の低い水。汽水湖、内湾、河口部などでみられる。塩分での定義は研究者によって異なるが、おおむね下限が0.2~0.5psu、上限が16.5~20psuである。psuはpractical salinity unit(実用塩分単位)の略で、塩分の単位である。河川水質の汚濁などが汽水域の漁業に大きな影響を与えている。[半澤正男・高野健三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汽水の関連キーワード親潮前線汽水域水温低塩食フルヴィオテレストリアル沼井実用塩分単位キャベリング親潮水エスチャリ

汽水の関連情報