汽水(読み)キスイ

百科事典マイペディアの解説

汽水【きすい】

海水と淡水の混合による低塩分の水。中小河川では河口沖2〜3km,大河沖では数百kmまで汽水となり,内湾では汽水域が発達しやすい。塩分の変化の著しい環境なので,その変化に従って,浸透圧の変化に耐えられる種類の生物がすみ,特有のプランクトンが繁殖。日本ではシジミ,ゴカイ(以上底生),ワカサギシラウオ,ゴリ,ボラ,ハゼ,ウナギなどを多産する。
→関連項目シラウオニゴイボラワカサギ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きすい【汽水】

海水と淡水とが混じり合っている塩分濃度の低い水。汽水湖・河口などの水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汽水
きすい
brackish water

海水と淡水とが混入している所の塩分の低い水。汽水湖、内湾、河口部などでみられる。塩分での定義は研究者によって異なるが、おおむね下限が0.2~0.5psu、上限が16.5~20psuである。psuはpractical salinity unit(実用塩分単位)の略で、塩分の単位である。河川水質の汚濁などが汽水域の漁業に大きな影響を与えている。[半澤正男・高野健三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐すい【汽水】

〘名〙 海水と淡水が混じり合った低塩分の水。汽水湖、内湾、河口部などの水にみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汽水の関連情報