コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長等の山風 ながらのやまかぜ

1件 の用語解説(長等の山風の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ながらのやまかぜ【長等の山風】

史論。伴信友著。2巻,付録4巻。江戸後期成立。上巻は天智天皇の第1皇子大友皇子(弘文天皇)の事跡と壬申の乱を考察し,下巻は大友皇子が自殺した地を滋賀郡長等山の山前として,その地にある園城寺(三井寺)は大友皇子がその子与多王に与えた遺詔をもとに創建されたものと考証する。付録は〈壬申紀証註〉〈年号の論〉〈持統天皇草壁皇子尊珂瑠皇子尊の御うへの事〉〈天智天皇立太子及大兄名称考〉など。【平野 仁啓】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長等の山風の関連キーワード仮字本末嬉遊笑覧高麗史古史伝常山紀談中朝事実後鑑北槎聞略神字日文伝比古婆衣

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone