コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井寺/御井寺 ミイデラ

百科事典マイペディアの解説

三井寺【みいでら】

園城(おんじょう)寺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みいでら【三井寺】

能の曲名。四番目物。狂女物。世阿弥時代からあったらしい能。シテは千満(せんみつ)の母(狂女)。子どもを人買いにさらわれた母親(前ジテ)が,清水の観音に参ると,三井寺へ行けという夢の告げを受ける。夢占いの男(アイ)の判断も吉だったので,喜んで近江に向かう。三井寺では,住職(ワキ)たちが稚児(子方)を連れて十五夜の月見をしている。一方,母親は,長らくの物思いで物狂い(後ジテ)となったが,道を急いで三井寺に着く(〈カケリ上歌(あげうた)〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

みいでら【三井寺】

園城おんじよう寺の通称。
能の一。四番目物。さらわれた子供をもとめて都へ上った女が、清水観音の夢のお告げにより、近江国三井寺へ行って我が子にめぐり会う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三井寺
みいでら

園城寺」のページをご覧ください。

三井寺
みいでら

能の曲名。四番目物。作者未詳。わが子千満を人買いにさらわれた母 (前シテ) が清水の観音に参ると,三井寺へ行けという夢のお告げを受ける。夢占いの男 (アイ) の判断も吉であったため,喜んで近江に向う (中入り) 。三井寺では住僧 (ワキ) たちが稚児 (子方) を連れて十五夜の月見をしている。そこへ物狂いとなった母 (後シテ) が現れ,僧たちの制止もきかず鐘をついて戯れたのち,清澄な琵琶湖の夜景を眺めて時を過す。やがて母は月見の席の稚児がわが子と知り,母子は連れ立って故郷へ帰っていく。名所尽し,鐘尽しの趣深い詞章と,すぐれた作曲により,狂女物の名作とされる。春の『隅田川』と好一対

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の三井寺/御井寺の言及

【園城寺】より

…山号は長等山。俗に三井寺といい,山門(延暦寺)に対して寺門ともいう。寺伝では,大友皇子の発願にもとづき,その子大友与多麿が686年(朱鳥1)に開創したというが,これは山門に対抗するための付会説で,実際には出土の瓦から,当地に住む大友村主(すぐり)氏の氏寺として白鳳時代に創建されたものであろう。…

※「三井寺/御井寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三井寺/御井寺の関連キーワード秋の夜の長物語三壇の御修法三井寺歩行虫滋賀県大津市三井寺(能)おもしゃる道恵法親王武田 光雲秋夜長物語瞬匕亭角上善法院庭園五大官寺三室戸寺今日の月女物狂い名草の浜三不動壬生寺狂乱物大津絵