長綱連(読み)ちょう つなつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長綱連 ちょう-つなつら

?-1577 戦国-織豊時代の武将。
能登(のと)守護畠山義隆をたすけ,義隆が殺されると当時3歳であった嗣子義春を補佐した。上杉謙信に攻められ,七尾城で40日以上も抵抗したが,天正(てんしょう)5年9月15日降伏をすすめる重臣に父続連(つぐつら)とともに謀殺された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android