コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長船鍛冶 おさふねかじ

百科事典マイペディアの解説

長船鍛冶【おさふねかじ】

鎌倉中期に始まった備前国長船(岡山県瀬戸内市長船町)の刀工の一派。その刀剣を長船物という。光忠を祖とし,長光,景光らの名工が続き,室町時代にかけて備前鍛冶の主流派として栄えた。作風は時代によって変化があるが,南北朝時代の兼光,応永年間(1394年―1428年)の盛光,康光,室町末期の祐定,勝光らが有名。
→関連項目長船[町]備前物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android