コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長光 ナガミツ

5件 の用語解説(長光の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ながみつ【長光】

鎌倉中期から後期の刀工。備前の人。光忠の子。足利将軍の宝刀「大般若長光」ほか多くの名刀を作り、長船(おさふね)派の名声を確立。生没年未詳。

ながみつ【長光】[狂言]

狂言。都の盗人が田舎者の持つ長光の太刀をだまし取ろうとして争いになる。仲裁人がその特徴を聞くと、盗人は田舎者の話をまねて答えるが、最後にはごまかしきれなくなって逃げだす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

長光

生年:生没年不詳
鎌倉末期の刀工。備前(岡山県)邑久郡長船に住した。光忠を事実上の祖とする長船派の正系の2代目で,作品に見る年号では文永11(1274)年が最も古く,嘉元2(1304)年におよんでいる。銘は長光と2字にきるほか,左近将監長光としたものもあり,その間2代あるいは3人いたとする説もある。作品は太刀が主で,鎌倉時代の刀工中最も多く現存し,なおかつ出来の優れたものが多い。作風は初期には父光忠に似た華やかな丁字と互の目乱れの刃文を焼くが,時代が下るとおだやかな互の目や直刃の作となる。子の景光をはじめ真長,近景らの一族がいて,以後長船派は室町末期まで全刀工の派の中で最も栄えた。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながみつ【長光】

鎌倉時代中末期,備前国長船(おさふね)に住した刀工。長船派の祖光忠の子と伝え,1274年(文永11)から1304年(嘉元2)までの作刀が現存する。古来,同名2代あるといい,初代を順慶長光,2代を左近将監長光と呼んでいるが,順慶銘の作は長光銘の作と大きく相違し,今日では別人とする説が強く,また2代説のほか1人説,3人説なども説かれている。作風は鎌倉中期ころには光忠に似た大丁子(おおちようじ),蛙子(かわずこ),丁子乱の華やかなものがあり,末期ころには直刃(すぐは),小丁子に互の目(ぐのめ)を交えた穏やかなものが多くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながみつ【長光】

○ 鎌倉時代の備前の刀工。左近将監を称する。光忠の子で、長船おさふね鍛冶の二代目頭領として完璧な作品を多く作り長船の名を高めた。大般若長光・小豆長光など名物が多い。生没年未詳。
狂言の一。都の詐欺師が田舎者の持つ長光の太刀を自分の物だと言い張る。目代もくだいが仲裁に入り、いろいろ聞いていくうちに、詐欺師はついにごまかしきれなくなって逃げだす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の長光の言及

【長船物】より

…文献では近忠を祖としているが,作品が現存せず,その子光忠を事実上の祖としている。光忠には年紀作はないが,その子長光には文永11年(1274)紀の作があり,活躍年代がほぼ知られる。長光の子あるいは弟子に景光,真長(さねなが),近景,景光の子に兼光がおり,いずれも名作をのこしている。…

※「長光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長光の関連キーワード長船長船長光長船物近景景秀真長祐定(1)祐定(2)祐定(3)祐平

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長光の関連情報