コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前物 びぜんもの

6件 の用語解説(備前物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備前物
びぜんもの

備前国 (岡山県東南部) の刀工による刀剣。備前刀は平安時代中期の刀工発祥の頃から,室町時代末期の長船 (おさふね) 鍛冶衰亡にいたるまで,長期にわたって全国一の鍛冶繁栄地であり,多くの名刀を生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

びぜん‐もの【備前物】

備前の刀工が鍛えた刀の総称。平安時代には古備前派鎌倉時代一文字派・長船(おさふね)派、室町時代以後は長船派が栄えた。備前作り

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

備前物【びぜんもの】

備前の刀工の作った刀剣の総称。古刀にすぐれたものが多い。平安時代に古備前派(友成,正恒ら),鎌倉時代には一文字(いちもんじ)派(則宗,助宗ら),長船(おさふね)派(光忠,長光,景光ら)はじめ多くの流派が生まれ,匂(におい)出来で華麗な作が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

びぜんもの【備前物】

備前国(岡山県)に住した刀鍛冶によって作られた刀剣の総称。古来から鉄の産地として著名な中国山脈を背にした備前国は,平安時代以来,日本の刀剣の最大の生産地として室町末期まで600年余栄え,その間数多くの名工を出し,名刀を残している。備前鍛冶は平安後期に古備前派と称する一群の刀工の出現によって始まる。これらの刀工の住地は明らかでないが,永延(987‐989)ころの友成,正恒が古く,そのほか包平(かねひら),助平,信房,真恒,利恒,助包,吉包らが代表工としてよく知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

びぜんもの【備前物】

備前国の刀匠の鍛えた刀剣類の総称。平安中期の古備前に始まり、一文字・長船おさふね・畠田・吉井・大宮などに大別される各派に分かれ、鎌倉・室町時代に大いに栄えた。遺品は質・量ともに全国一。備前作り。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備前物
びぜんもの

備前国(岡山県南東部)で制作された刀剣。備前は平安後期から室町末期までの600年余の間にもっとも多くの刀工を生み、名刀を多数残している。この国に刀鍛冶(かじ)の隆盛をみたのは、美作(みまさか)国(岡山県北部)を中心とする中国山中で多くの鉄が産出されたためである。
 平安時代の鍛冶の分布は明らかでなく、一括して古備前物(こびぜんもの)とよび、代表工には友成(ともなり)、正恒(まさつね)、包平(かねひら)などがいる。鎌倉時代には福岡、吉岡、長船(おさふね)、畠田(はたけだ)、宇甘(うかい)、和気(わけ)、新田(にった)、吉井、岩戸、土師(はじ)、日笠(ひがさ)などに分布している。なかでも鎌倉初期に則宗(のりむね)を祖として栄えた福岡一文字派は、中期に至ると華やかな丁子(ちょうじ)刃の作風を展開し、なかに吉房、助真、則房など多くの名工がいる。
 中期に光忠(みつただ)を祖としておこった長船派は以降、長光(ながみつ)、景光(かげみつ)、兼光(かねみつ)と続き、さらに南北朝期から室町期へと多くの刀工を生んでいる。この長船派はもっとも多くの作品を残しており、室町初期のものを応永(おうえい)備前、末期のものを末(すえ)備前といい、前者では盛光(もりみつ)、康光(やすみつ)、後者では勝光(かつみつ)、祐定(すけさだ)、清光(きよみつ)らを代表工としている。しかし、祐定を名のる刀工は1人ではなく、同時代に数十名おり、なかには与三左衛門尉(じょう)祐定、源兵衛尉祐定というように個人名を明らかにした者もあるが、多くは「備州住(じゅう)長船祐定」とのみ銘しており、これらは数打(かずうち)物、束刀(たばがたな)とよばれる大量生産品である。江戸時代にも祐定の名跡を継いだ者がいて幕末に及んでいる。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備前物の関連キーワード相州物山城物大和物岡山県備前市伊部岡山県高梁市鍛冶町岡山県備前市坂根岡山県備前市佐山岡山県備前市穂浪国真助延

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone