コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長船物 オサフネモノ

デジタル大辞泉の解説

おさふね‐もの〔をさふね‐〕【長船物】

備前国長船の刀工が作った刀剣。長船派は鎌倉中期の光忠を祖として多くの名工が輩出し、備前鍛冶(かじ)中最大の流派となった。→備前物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おさふねもの【長船物】

備前国長船(現,岡山県邑久郡長船町)で製作された刀剣。鎌倉中期から室町末期まで,長船は日本一の流派として多くの名工を生んだ。文献では近忠を祖としているが,作品が現存せず,その子光忠を事実上の祖としている。光忠には年紀作はないが,その子長光には文永11年(1274)紀の作があり,活躍年代がほぼ知られる。長光の子あるいは弟子に景光真長(さねなが),近景,景光の子に兼光がおり,いずれも名作をのこしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おさふねもの【長船物】

備前国長船(現岡山県瀬戸内市長船町)の刀工の作刀の総称。長船派は鎌倉中期の光忠を祖として多くの名工を生み、刀工中最大の流派となる。主として桃山初期(古刀末期)までのものをいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

長船物の関連キーワード長船鍛冶瀬戸内作刀