コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長良型軽巡洋艦 ながらがたけいじゅんようかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長良型軽巡洋艦
ながらがたけいじゅんようかん

旧日本海軍の軽巡洋艦。「5500t」型と呼ばれる軽巡洋艦中期の6隻をいう。基準排水量 5170t,速力 36kn,主砲 14cm砲7,61cm魚雷発射管 (九三式魚雷用) 8。改装後,排水量約 7000t,カタパルト1,水偵1機搭載。『長良』は,1922年4月佐世保工廠で竣工,44年8月7日,天草島付近で沈没。『名取』は,22年9月長崎三菱造船所で竣工,44年8月 19日,タバオ北東の海上で沈没。『鬼怒』は,22年 11月神戸川崎造船所で竣工,44年 10月 26日,バネイ島北西の海上で沈没。『由良』は,23年3月佐世保工廠で竣工,42年 10月 25日,ソロモン沖で沈没。『五十鈴』は,23年8月浦賀船渠で竣工,45年4月7日,スンバワ島沖で沈没。『阿武隈』は,25年5月浦賀船渠で竣工,44年 10月 26日,レイテ沖で沈没。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

長良型軽巡洋艦の関連キーワード球磨型軽巡洋艦那珂型軽巡洋艦ベルリン封鎖夕張ロンドン海軍軍備制限条約

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android