コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球磨型軽巡洋艦 くまがたけいじゅんようかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

球磨型軽巡洋艦
くまがたけいじゅんようかん

旧日本海軍の軽巡洋艦。「5500t」型と呼ばれる軽巡洋艦初期の5隻をいう。基準排水量 5100t,速力 36kn。改造後,基準排水量約 7000t,速力 32kn,主砲 14cm砲7,53cm魚雷発射管8,カタパルト1,水偵1機搭載。『球磨』は,1920年8月佐世保工廠で竣工,44年1月 11日,ペナン島付近で沈没。『多摩』は,21年1月長崎三菱造船所で竣工,44年 10月 25日のレイテ沖海戦で,マニラ東方で沈没。『北上』は,21年4月佐世保工廠で竣工,41年重雷装艦に改造,45年7月 24日,呉で沈没。『木曾』は,21年5月長崎三菱造船所で竣工,44年 11月 13日,マニラ港で沈没。『大井』は,21年 10月神戸川崎造船所で竣工,41年九三式魚雷用発射管 40基を搭載する重雷装艦となる。 44年7月 19日,マニラ西方で沈没。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

球磨型軽巡洋艦の関連キーワード那珂型軽巡洋艦長良型軽巡洋艦ベルリン封鎖夕張ロンドン海軍軍備制限条約

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android