長覆輪(読み)ナガフクリン

大辞林 第三版の解説

ながふくりん【長覆輪】

〔「ながぶくりん」とも〕
太刀で、柄頭つかがしらから鞘尻さやじりまで全体に覆輪をかけたもの。 「 -の太刀を帯き/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なが‐ふくりん【長覆輪】

〘名〙 (「ながぶくりん」とも) 太刀の隅から隅まで覆輪をかけ通すこと。また、そのもの。中世の武士の好みに応じて案出された、堅牢さを兼ねた装飾のもの。覆輪には多くの場合彫りなどが施される。
※吾妻鏡‐承久三年(1221)六月一八日「香河小五郎 二人太刀長輻輪」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android