コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長訓 ちょうくん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長訓 ちょうくん

774-855 奈良-平安時代前期の僧。
宝亀(ほうき)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。奈良興福(こうふく)寺の玄憐にまなび,東大寺具足戒をうける。天長10年維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ)。承和(じょうわ)6年律師,仁寿(にんじゅ)3年僧正(そうじょう)。斉衡(さいこう)2年9月22日死去。82歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は錦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長訓の関連キーワード隠しカメラ問題浅野 長勲中川 久任植田乙次郎7月29日浅野長訓阿部正桓石井修理野村帯刀中川久任片田春太浅野長勲浅野長厚広島藩辻将曹浅野忠宝亀訓辞

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長訓の関連情報