コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長訓 ちょうくん

1件 の用語解説(長訓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長訓 ちょうくん

774-855 奈良-平安時代前期の僧。
宝亀(ほうき)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。奈良興福(こうふく)寺の玄憐にまなび,東大寺で具足戒をうける。天長10年維摩会(ゆいまえ)講師(こうじ)。承和(じょうわ)6年律師,仁寿(にんじゅ)3年僧正(そうじょう)。斉衡(さいこう)2年9月22日死去。82歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。俗姓は錦。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

長訓の関連キーワードロタール[1世]国中公麻呂吉備由利空海新銀行東京陣馬山禅林寺ロタール[1世]家原善宗円載

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長訓の関連情報