長谷川こま子(読み)はせがわ こまこ

  • 長谷川こま子 はせがわ-こまこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1892?-? 明治-昭和時代,島崎藤村の姪(めい)。
明治25年?生まれ。藤村の次兄広助の娘。妻をなくした藤村の家事を手つだううち,藤村の子を出産。藤村は小説「新生」でこの恋愛を告白。のち長谷川博と結婚。昭和3年三・一五事件で長谷川が入獄すると,差し入れなどにつとめた。のち長谷川と離別し,極貧の生活をしいられ,救貧院に収容された。長野県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android