長谷川銀作(読み)はせがわ ぎんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長谷川銀作 はせがわ-ぎんさく

1894-1970 大正-昭和時代の歌人。
明治27年2月11日生まれ。大正6年若山牧水の「創作」に参加し,のちその発行・経営にあたる。牧水の妻若山喜志子の妹,桐子(潮(うしお)みどり)と結婚。戦後は「創作」の復刊,「余情」の創刊につくした。昭和45年10月13日死去。76歳。静岡県出身。東京高商(現一橋大)卒。歌集に「桑の葉」「寸土」など。
【格言など】泣きながら通りゆく児を見むとして机の上の眼鏡をさがす(「寸土」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android