長野馬貞(読み)ながの ばてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長野馬貞 ながの-ばてい

1672*-1750 江戸時代前期-中期の医師,俳人。
寛文11年12月22日生まれ。医業のかたわら志太野坡(やば)に俳諧(はいかい)をまなぶ。宝永3年「七異跡集」を編む。43歳で長男に家業をゆずり剃髪(ていはつ)して随有と号した。寛延3年9月19日死去。80歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。名は通易。通称は与一郎。別号に茂林堂,投錐,甲子庵,柴石堂,瓢々坊,遠山翁など。編著に「柴石集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

長野馬貞 (ながのばてい)

生年月日:1672年12月22日
江戸時代中期の俳人
1750年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android