コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

門脇重綾 かどわき しげあや

美術人名辞典の解説

門脇重綾

歌人、伯耆の人。蟆園と号す。教部大凾、従四位。明治6年(1874)歿、47才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

門脇重綾 かどわき-しげあや

1826-1872 幕末の武士,国学者。
文政9年10月18日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。文久3年(1863)飯田年平の内弟子として国学教授となり,「伯耆志」編集を命じられる。明治元年西園寺公望(さいおんじ-きんもち)山陰道鎮撫使の付添御用掛に任じられた。のち神祇(じんぎ)少輔,教部大丞。明治5年8月3日死去。47歳。通称は将曹,少造。号は蠖園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

門脇重綾の関連キーワード国学者景山粛歌人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android