コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閃長閃緑岩 せんちょうせんりょくがんsyenodiorite

岩石学辞典の解説

閃長閃緑岩

花崗閃緑岩に似るが石英を含まない岩石.顕晶質の火成岩で組成は閃長岩と閃緑岩の中間に位置する.このような岩石は一般にモンゾニ岩というが,モンゾニ岩は閃長岩と斑糲岩の中間組成である.この岩石の名称と内容は様々に変化している[Tomkeieff : 1983].この名称はヨハンセンとエヴァンスがそれぞれ独立に使用したが[Johannsen : 1912, Evans : 1916],ヨハンセンが初めて記述した[Johannsen : 1917].その後モンゾニ岩およびモンゾ閃緑岩があるので閃長閃緑岩の名称を廃棄したが,再び復活した[Johannsen : 1922].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

閃長閃緑岩の関連キーワード正長石ノーライトカヴァロロ岩ホルマンス岩グロエバ岩花崗閃緑岩

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android