コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開中法 かいちゅうほうKai-zhong-fa; K`ai-chung-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開中法
かいちゅうほう
Kai-zhong-fa; K`ai-chung-fa

中国,明代に施行された通商法の一種。商人に米粟を辺地に輸送させ,代価として塩もしくは茶を支給した法。辺境に米粟を納入した商人に,倉鈔,勘合といわれた手形を支給し,商人はこれを所定の各産塩区の都転運塩司,塩課提挙司に示し,販売許可証である塩引と交換し,塩場で塩を受取り,これを定められた消費区域 (行塩地分) に運搬,販売する。販売完了後は一定期間内に,塩引を政府に返納することになっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の開中法の言及

【塩法】より

…宋では入中または折中,明では開中と呼ばれる。明代の開中法は,糧秣を辺境に納入した商人に倉鈔と呼ばれる手形を発行し,商人はそれを産塩地の官署に持参して,塩引と交換して塩の支給を受けた。塩引は塩販売の免許証で,200斤の塩袋につき1通ときめられ,これがなければ私塩とみなされた。…

【鈔法】より

…入中に活躍した商人は,辺境の入中に従う北商,西商と,華中の茶引や塩鈔を商販した南商に区分され,三路の要地や京師では交抄・鈔引が取引されて,京師の金融商人(交引鋪戸(こういんほこ))が巨利を得,しだいに寡占体制が形成されて鈔法の円滑な運営の妨げとなっていた。 鈔法は明代でも開中法(かいちゆうほう)(塩法)の名で行われている。俗に九辺鎮と総称される辺鎮で入納される。…

【明】より


[大商人の活躍と銀の流通]
 商業の発展については,北辺防衛策が密接に関係している。明朝は北辺に配備した軍隊の糧食を補給するため,開中法を実施したが,これは商人に辺倉への糧米納入を行わせ,その代りに専売品たる塩の販売を許可する制度であった。塩の販売は大きな利益があるので,商人は競ってこれに参加したが,北辺に接する山西・陝西の商人が,地の利を得て大きく力を伸ばすことになったのである(塩法)。…

※「開中法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

開中法の関連キーワード新安商人山西商人

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android