コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開発統一党 かいはつとういつとうPartai Persatvan Pembanguran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開発統一党
かいはつとういつとう
Partai Persatvan Pembanguran

略称 PPP。インドネシアの政党。 1973年1月5日,ナフダトル・ウラマ党,インドネシア・ムスリミン党,インドネシア・イスラム連盟党,イスラム教育連盟のイスラム4党を合同して結成された。 77年5月の総選挙では,ゴルカールに対する有力な野党としての期待を集め,首都ジャカルタなどで善戦したが,結局 29.3%の得票率を示したにとどまった。 84年にはナフダトル・ウラマ党が脱退したこともあり,87年の総選挙では急激に議席数を減らした。また,パンチャ・シラを唯一の原則にすることを迫られ,イスラム勢力としてのアイデンティティを喪失した。しかし,97年にはインドネシア民主党を追われたメガワティ派が支援に回ったこともあり,第2党の地位を維持した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

開発統一党の関連キーワードワヒド

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android