開発統一党(読み)かいはつとういつとう(英語表記)Partai Persatvan Pembanguran

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開発統一党
かいはつとういつとう
Partai Persatvan Pembanguran

略称 PPP。インドネシアの政党。 1973年1月5日,ナフダトル・ウラマ党,インドネシア・ムスリミン党,インドネシア・イスラム連盟党,イスラム教育連盟のイスラム4党を合同して結成された。 77年5月の総選挙では,ゴルカールに対する有力な野党としての期待を集め,首都ジャカルタなどで善戦したが,結局 29.3%の得票率を示したにとどまった。 84年にはナフダトル・ウラマ党が脱退したこともあり,87年の総選挙では急激に議席数を減らした。また,パンチャ・シラを唯一の原則にすることを迫られ,イスラム勢力としてのアイデンティティを喪失した。しかし,97年にはインドネシア民主党を追われたメガワティ派が支援に回ったこともあり,第2党の地位を維持した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android