コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間接製鉄法 かんせつせいてつほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

間接製鉄法
かんせつせいてつほう

高炉で銑鉄をつくり,次いで製鋼炉で精錬して鋼をつくる一般的な製鉄法。高炉は大型化して生産性を増し,鋼材の大部分はこの製法で造られる (→高炉メーカー ) 。鉄鉱石から直接に鉄および鋼をつくる直接製鉄法に対する用語。なお,直接製鉄法に比べ巨額の建設費を必要とするため,化石燃料資源が豊富な産油国などでは,新たに建設される製鉄所に直接製鉄法を採用することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

間接製鉄法の関連キーワード鉄鋼業

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android