コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間重新 はざま じゅうしん

2件 の用語解説(間重新の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

間重新 はざま-じゅうしん

1786-1838 江戸時代後期の天文家。
天明6年生まれ。間重富(しげとみ)の長男。松岡能一(のういち)に数学を,父に天文観測術をまなぶ。家業の質商のかたわら天文観測をつづけ,文化6年(1809)から幕府の測量御用をつとめた。天保(てんぽう)9年1月2日死去。53歳。大坂出身。名ははじめ重威。字(あざな)は伯固。通称は五郎兵衛。著作に「彗星(すいせい)実測記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

間重新

没年:天保9.1.2(1838.1.27)
生年:天明6(1786)
江戸後期の天文家。間重富の長男。大坂長堀富田屋町の生まれ。13歳で天文観測技術を身につけ,15,6歳ごろ松岡能一について数学を学び,いずれにも豊かな天分をあらわした。父重富が江戸天文方に出向している間は大坂で御用測量を行い,19歳の冬からは独立して観測をするようになり,観測技術においては当代随一といわれた。生来の病身でありながら53歳で病没するまでの40年間,孜々として観測を続け記録は江戸の天文方渋川景佑に送った。重新は理論家ではなく観測技術家であり著述は少ないが,観測技術を改良発展させた功績は大きい。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

間重新の関連キーワード高橋景保片山円然河東田直正金子半翁坂正永関荘三郎中西雰岳栗喜亭棗慶栗種亭棗圃栗芳亭棗華

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone