コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関みさを せき みさを

1件 の用語解説(関みさをの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関みさを せき-みさを

1893-1973 昭和時代の国文学者,歌人。
明治26年3月1日生まれ。東京女高師(現お茶の水女子大)を卒業し,東京府立第一高女教諭となる。「万葉集」「源氏物語」「枕草子」に精通し,与謝野晶子を研究。ドイツ文学者関泰祐(たいすけ)と結婚した。昭和48年2月10日死去。79歳。山形県出身。著作に「源氏物語女性考」,歌集に「関みさを歌集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関みさをの関連キーワード麻生磯次市橋鐸岩城準太郎小島憲之斎藤清衛千田九一松田武夫山口剛祐田善雄湯地孝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone