コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関之 せき いたる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関之 せき-いたる

1903-2001 昭和-平成時代の検察官,弁護士。
明治36年3月19日生まれ。昭和9年検事となり,東京控訴院検事などをへて,23年発足した人権擁護局の第一課長。27年公安調査庁総務部長となり,破壊活動防止法草案を作成する。38年最高検の検事,41年総務部長。同年弁護士に転じ,中央学院大教授となった。平成13年4月25日死去。98歳。長野県出身。東京帝大卒。著作に「近代人権宣言論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関之の関連キーワード母智丘関之尾県立自然公園宮崎県都城市関之尾町金鍔次兵衛都城(市)宮崎(県)都城盆地関之尾滝母智丘都城市関之尾検察官須走荘内

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関之の関連情報