コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関兼衡 せき かねひら

2件 の用語解説(関兼衡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関兼衡 せき-かねひら

?-1184 平安時代後期の武士。
平信兼(のぶかね)の長男。伊勢(いせ)平氏の一族。平家一門が西国にのがれた後,元暦(げんりゃく)元年伊勢・伊賀(いが)に挙兵したが敗れた。弟信衡(のぶひら)らとともに京都に潜伏したが,同年8月10日源義経(よしつね)に討たれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

関兼衡

没年:元暦1.8.10(1184.9.16)
生年:生年不詳
平安末期の武士。桓武平氏。治承寿永の内乱に父の出羽前司信兼に従い,平家方で活躍。平家西走後も伊勢・伊賀国などで源氏に対して抵抗を続けたらしい。元暦1(1184)年6月に伊賀国で富田家助ら平家与党の武士が蜂起した際は,弟信衡・兼時と共に指導的な役割を果たした。守護大内惟義は苦戦のすえこれを鎮圧するが,兼衡らは惟義の追っ手を逃れた。その後は京都に潜んでいたが,源義経によって討たれた。なお,治承4(1180)年8月源頼朝が伊豆で挙兵した当初に討ち滅ぼした伊豆国目代山木兼隆は兼衡の兄弟。

(菅野文夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関兼衡の関連キーワード桓武平氏平氏治承寿永八平氏浅香年木長田忠致河崎基家藤原親光良弘(1)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone