関口新心流

デジタル大辞泉プラスの解説

関口新心流

武術の流派のひとつ。江戸時代初期に、三河国生まれの関口弥六右衛門氏心(うじむね)が、居合術・柔術を組み合わせ、独自の工夫を加えて創始。紀州藩主、徳川頼宣は氏心を客分で招いて厚遇し、同流は紀州藩に普及した。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android