コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口長左衛門 せきぐち ちょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関口長左衛門 せきぐち-ちょうざえもん

1808-1872 江戸時代後期の園芸家。
文化5年生まれ。生地上野(こうずけ)下大島村(前橋市)で砂地でも生育に適する梨の栽培に成功。梨の栽培をひろめ,のちの名産「大島梨」の基礎をつくった。のち伊勢(いせ)(三重県)や備中(びっちゅう)(岡山県)でも梨づくりを指導した。明治5年1月死去。65歳。号は梨昌。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関口長左衛門の関連キーワード関口梨昌

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android