コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関和知 せき わち

2件 の用語解説(関和知の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関和知 せき-わち

1870-1925 明治-大正時代の政治家。
明治3年10月生まれ。29年新聞「新総房」を発刊。アメリカに留学後「万(よろず)朝報」記者,「東京毎日新聞」編集長などをへて,41年衆議院議員(当選7回)。憲政会の幹事長,総務となる。大正14年2月18日死去。56歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。東京専門学校(現早大)卒。号は白洋。著作に「現代政治の理想と現実」。

関和知 せき-かずとも

せき-わち

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

関和知の関連キーワード製糸業日本科学史女性参政権ロシア映画治安維持法ドイツ映画奈破崙開拓使コッペリア文化闘争

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone