関如来(読み)せき にょらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関如来 せき-にょらい

1866-1938 明治-大正時代の新聞記者,美術評論家。
慶応2年11月16日生まれ。関鑑子(あきこ)の父。読売新聞記者,のち美術評論家として活躍。大正3年日本美術院再興の際には横山大観とともに画壇革新に尽力した。昭和13年2月20日死去。73歳。大和(奈良県)出身。本名は巌二郎。著作に「明治大正美術側面史」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android